+洗脳時の台詞

気が向いたら記入してください。
仲良しのクスリでも内容は同じようです。

動物

野犬

「ワンワン!」
野犬はうれしそうにはしゃぎまわっている。

オオカミ

「バウー!」
オオカミはしっぽを振っている。

砂漠オオカミ

「バウー!」
砂漠オオカミは鋭い目でこちらの様子をうかがっている。

カラス

「カー!カー!」
カラスは光り物を探しているようだ、特に爆弾。

コウモリ

「キー!」
コウモリはうれしそうだ。

金の鳥

「ピピピピー!」
金の鳥はうれしそうに鳴いている。

クマ

「ガオー。」
クマはたくましい体を見せつけた。

雪原クマ

「グオー。」
雪原クマは頭をすりつけてきた。

トラ

「……。」
トラは油断のない目で周りを警戒している。

ライオン

「グルルル……。」
ライオンは甘えるようにのどを鳴らした。

キラーハウンド

「ヴォウ、ヴォウ!」
キラーハウンドはしっぽを振っている。


保護動物

山岳ゴート

「メェェェ~。」
山岳ゴートは眠そうな顔で鳴いた。

雪ウサギ

「……?」
雪ウサギは首をかしげた。

砂漠キツネ

「コャーン。」
砂漠キツネは上目づかいで鳴いた

草原カワウソ

「キュッ。」
草原カワウソは泳げる場所を探している。

遺跡白馬

「ヒヒーン!」
遺跡白馬は元気そうにいなないた。

ペガサス

「ヒヒヒーン!」
ペガサスは元気そうに飛び回っている。


亜人

牛頭の巨人

「……オレ、力、強い」
牛頭の巨人は
たくましい筋肉を見せつけた。

竜人の戦士

「ふん。別におまえを味方として
認めたわけじゃないからな」
そう言う竜人の戦士の顔は、
なんだか少しうれしそうだった。

鳥人

「ギー! ギー!」
鳥人は激しく
飛び回っている。

白鳥人

「クワーッ!クワーッ!」
白鳥人は華麗に飛び回っている。

殺し屋ウルフ

「オレは殺し屋……背中に気をつけな。」
殺し屋ウルフは格好を付けた。

牛頭の重装戦士

「ブモォー。」
牛頭の重装戦士はしゃべれないようだ……。

召喚術士

「どこにいてもあなたを叫びますぞぉぉー!」
召喚術士のテンションは最高潮だった。

屍術士

「やれやれ、年老いた身には戦いが辛いのう……。」
屍術士は疲れた声で言った。

混沌術士

「カオス!カオス!あぁーんカオス!」
混沌術士が叫んでいる。正直うるさい。

魔女

「な、なによ……
べつにあんたのことなんか
何とも思ってないんだから……。」
魔女は顔を真っ赤にしてそう言った。

盗賊

「……な、なんだよ。こっち見んなよ!」
盗賊は顔を赤らめた。

山賊

「な、なんだよ……
おまえは獲物なんだからな。」
そう言う山賊の顔はニヤついていた……。

砂族

「な、なんだよ……
おまえは獲物なんだからな。」
そう言う砂族の顔はニヤついていた……。

獣賊

「ジロジロ見ないでくれよ~。」
そう言いながら獣賊はしっぽを振っている。

狂戦士

「ころ……さない。」


アンデッド

ゾンビ

「(ズルッ……ズルッ……)」
ゾンビが足を引きずっている。
その崩れた顔は笑顔だった……。

ガイコツ

「(カタカタ……)」
ガイコツはバンザイして友情を表現した。

死霊の騎士

「(カタカタ……)」
死霊の騎士は剣をかかげた。

ワナ骨人

「(カタカタ)」
ワナ骨人は手をワキワキさせている。

腐臭人

「フシュウ……。」
腐臭人はあいかわらず臭いガスを吐き出している。

かつての住人

「……。」

小鬼

「ゴブー!」
小鬼は大きな石を
自慢げに見せつけてきた。

炎小鬼

「ゴブブー!」
炎小鬼は「もっと熱くなれよ」と
言わんばかりに気合いを入れた。

呪鬼

「ゴブ……ゴブ……。」
呪鬼が楽しそうに呪われた骨をいじりまわしている。

スライム

メルトスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
メルトスライムは溶かせるものを探している。

オイルスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
オイルスライムは肉を探している。

ウォータースライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
ウォータースライムは水を探している。

ラーヴァスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
ラーヴァスライムは熱いものを探しているようだ……。

ゼラチンスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
ゼラチンスライムは
体の一部にできそうなものを探している。

ポイズンスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
ポイズンスライムは毒をかけらせそうな生物を探している。

グラビティスライム

「ズプッ……ヌチュ……。」
グラビティスライムは重いものを探している。

ゴーレム

ゴーレム

「……?」
ゴーレムは首をかしげた。

ラーヴァゴーレム

「(ゴポゴポゴポ……)」
ラーヴァゴーレムは体から熱いガスを吹き出した。

ゴールデンゴーレム

「(ガシーン!)」
ゴールデンゴーレムはポーズを取った。

クリスタルゴーレム

「(キララーン)」
クリスタルゴーレムは体から光を放った。

その他

ドラゴン

「グルルル……。」
恐ろしいうなり声をあげているが、
ドラゴンはうれしそうに見える。

ブラックドラゴン

「グルルル……。」
ブラックドラゴンは黒い巨体をくねらせて友情をアピールした。

サソリバチ

「ブゥゥゥン……」
サソリバチの表情は分からない。

トビバチ

「ブブブブゥゥゥン……!」
トビバチは小さいワープを繰り返している

リリス

「うふふ……私に興味あるの?
でも、おさわりはダ・メ・よ?」
リリスは魅惑的な声で言った。

ナイトメア

「ヒヒーン!」
ナイトメアは嬉しそうにいなないた。

闇の尖兵

「……。」
闇の尖兵はこちらを見てうなずいた。

シャドウ

「……。」
シャドウは気配をさとられぬよう、身を潜めている。

デスマスク

「私に乗っ取られないように
背中に気をつけろ……フフ。」
デスマスクはニヤリと笑ったようだった。

牙魚

「……。」
牙魚は優雅に泳いでいる。

燃えさかる魂

「(めらめら……)」
燃えさかる魂のそばにいると熱い……。

ミミック

「……。」
(変身している物)は息を潜めてこちらを見ている……。

その他2(ネタバレ含む)

表示する


コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2016-07-03 22:33:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード