付与能力


概要

武器や防具には巻物などのアイテムを使うことにより特殊効果を付与することが出来る。
接頭語(最初に付与した一つ)は効果が高く、それ以降は効果量(実際の増減量)が接頭語のときの半分(端数切捨て)
効果は接頭語に合わせて記述

Ver.1.051より同様の効果は重複する。
重複については効果名○○%となっているものは加算、効果名×○○となっているものは乗算で計算される。
例えば「半減-」は受ダメージ×0.75で乗算表記なので、3つ付いている場合は受ダメージは0.75*0.75*0.75で42%になる。
ただし効果によっては上限が設定されており、それ以上の効果は切り捨てられてしまう。

能力を追加できるのは合計10個(接頭語+接頭以外9つ)まで。
それ以上能力を追加すると、ランダムの位置に(上書きではなく)挿入され、一番下が押し出されて消える。
このとき接頭に挿入されることもあり、その場合は接頭語が変化する。

例:必殺のダガー+9「必必上上怒怒鋭鋭超超」に上質の研ぎ石を使う。

必必上上怒怒鋭鋭超 となった場合、最後の超が消える。

必必上上怒怒鋭鋭超 となった場合、上質なダガー+9となり最後の超が消える。

高価・豪華・汚れ以外にも値段が変動する能力がある。これは元の値段の30倍が上限となっている。ただし魅力による補正は別に計算する。
この際、耐久度は上限には影響がないため、倍率の高い能力を多く付けていると多少耐久が減っていても最大値になる。
また、値段によっては倍率が僅かに下がることがある。(ほとんど端数レベル)



共通

応急修理の巻物

接頭語 効果 接頭以外 備考
応急 消耗速度+100% 値段×0.5 消耗速度+50% 値段×0.75 耐久フル回復の代わりに付くデメリット

武具

上質の研ぎ石・火炎付加の巻物・移動不能付加の巻物は下記参照

剣の巻物

接頭語 効果 接頭以外 備考
上質 攻撃×1.1 消耗速度-20% 値段×1.4倍 攻撃×1.05 消耗速度-10% 値段×1.2倍 上質の研ぎ石でも付加できる
怒り 攻撃×1.3 命中-10% 値段×2.3 攻撃×1.15 命中-5% 値段×1.65  
鋭い 攻撃×1.3 値段×1.9 攻撃×1.15 値段×1.45  
超撃 攻撃×1.4 値段×2.2 攻撃×1.2 値段×1.6  
必中 命中+30% 値段×2 命中+15% 値段×1.5  
壁壊 物体破壊力+50% 値段×1.6 物体破壊力+25% 値段×1.3  
停止 敵の移動不能率+15% 値段×2 敵の移動不能率+7% 値段×1.5 移動不能付与の巻物でも付加できる
火炎 敵の燃焼率+15% 値段×1.7 敵の燃焼率+7% 値段×1.35 火炎付与の巻物でも付加できる
混沌 敵の混乱率+15% 値段×2 敵の混乱率+7% 値段×1.5  
頑丈 消耗速度-40% 値段変化なし 消耗速度-20% 値段変化なし  
高価 値段×5倍 値段×3倍  
汚れ 値段×0.5 値段×0.75  

剣の王の巻物

接頭語 効果 接頭以外 備考
必殺 必殺+30% 値段×2.3 必殺+15% 値段×1.65  
神殺 必殺+70% 値段×3.5 必殺+35% 値段×2.25  
伝承 攻撃×1.3 命中&必殺+30% 値段×3.2 攻撃×1.15 命中&必殺+15% 値段×2.1  

防具

鎧の巻物

接頭語 効果 接頭以外 備考
上質 装甲+3 受ダメージ×0.9 値段×1.4 装甲+1 受ダメージ×0.95 値段×1.2  
柔軟 受ダメージ×0.85 値段×1.6 受ダメージ×0.92 値段×1.3  
堅固 受ダメージ×0.92 消耗速度-20% 値段×1.4 受ダメージ×0.96 消耗速度-10% 値段×1.2  
重装 装甲+5 敏捷-2Lv 値段×1.6倍 装甲+2 敏捷-1Lv 値段×1.3倍  
回避 回避+10% 値段×1.8 回避+5% 値段×1.4  
耐火 火炎無効化率+30% 値段変化なし 火炎無効化率+15% 値段変化なし  
不壊 消耗速度-50% 値段×1.5 消耗速度-25% 値段×1.25 1.060から-60%→-50%へ変更
豪華 値段5倍 値段3倍  
汚れ 値段×0.5 値段×0.75  

守りの神の巻物

接頭語 効果 接頭以外 備考
半減 受ダメージ×0.5 値段×2.5 受ダメージ×0.75 値段×1.75  
伝説 装甲+10 回避+20% 値段×2.2 装甲+5 回避+10% 値段×1.6  
高速 敏捷+2Lv 値段×2.2 敏捷+1Lv 値段×1.6  

効果詳細

効果 上限値 備考
消耗速度 消耗速度-90%  
値段 基本価格の30倍 魅力による補正は制限対象外。
攻撃 上限なし 理力(フォース)にも効果あり。
攻撃力そのものに掛かる為、実ダメージは倍率よりも大きく伸びる。
命中 上限なし 初期値は90で、成長要素はない。武器や追加装備、クラススキル等による変動はある。
一部希少動物を除いて敵に回避が設定されていないため、100でほぼ必中となる。
森の地形効果を考慮しても110で必中と言って差し支えがない。
必殺 上限なし 初期値は0で、意志×3が加算。武器や追加装備、クラス等によっても変動する。
100で必ず必殺となるため、実戦的には100が上限と考えていい。
物体破壊力 上限なし 宝箱・ガイコツ・ゴーレム等に対しても効果あり。
条件によっては「超撃」等の攻撃力上昇の方がダメージが伸びる。
停止・火炎・混沌 上限なし すべて埋めた場合は78%になる。
装甲 上限なし  
受ダメージ 上限なし 軽減は物理ダメージのみ。
理力ダメージは精霊・水霊のローブ及び大地の鎧の基本効果による1/3軽減のみ。
攻撃力そのものに掛かる為、実ダメージは倍率より大きく減る。
火炎無効化率 火炎無効化率+90% 防具そのものの火炎無効化率を含めた数値。
回避と異なり、無効にした場合でも消耗度は減る。
回避 回避+70% 初期値は0で、20までは敏捷値がそのまま加算される。
大気の盾の20%は制限対象外。
試練の腕輪も対象外で、装備時は最大回避が50%まで。
敏捷 上限なし 獲得経験値には影響しない。

付与のコツ

共通

複数の付与効果をもつ巻物から目的の能力を引き出すには、セーブ&ロードを繰り返すしかない。
倉庫に入れて繰り返し利用したい場合など、長く付き合いたい場合はこの作業は避けて通れないだろう。
しかし、単純にロードしてすぐに巻物を使っても、数パターンの付与しか出ない。
セーブごとに乱数がある程度固定されているらしく、同じような行動をとると同じような結果が出てしまう。
メニューを開閉すると異なる結果が出てくるので、即使用で目的の付与が出ない場合はメニュー開閉を1~5回ほど挟むと良い。
それでも出ない場合は、その場でセーブしなおそう。
セーブ画面を閉じた時にターンが経過するが、ロードしなおすとターン経過はなく、出る付与も変化している。

どの付与効果がつくかは、ほぼ均等な確率となっている。
必然的に、候補数の多い剣の巻物・鎧の巻物は厳選が難しく、候補数の少ない剣の王・守りの神は厳選が楽になっている。
流し周では上位の巻物だけ厳選して使う、という使い方もアリだろう。

応急修理の巻物は+8の装備品に使ってすぐ別の付与を付けると、「応急」が押し出されて消えるので事実上デメリットなしで使える。
武器と防具が同時に修理されるので、片方だけに使いたい場合はもう片方を外しておく事を忘れずに。
+9でも同様の事はできるが、「応急」がどこに挿入されるかはランダムな上、一番下にはつかない模様なので、別の付与が最低でも二つ必要になる。
厳選の手間を考えると、高度修復の巻物に頼った方が楽かもしれない。

武器

基本的に毎戦闘ふりまわす為、消耗が激しく、長期使用するには消耗速度低下を複数つけないと厳しい。
消耗速度低下は-90%が下限だが、-80%と-90%では実耐久力が2倍違う計算になる為、つけるなら徹底してつけた方が良い。
-90%あれば少々乱暴に振りまわしても、厳しい以上の旅であれば高度修復の巻物の入手が間に合うペースで収まってくれるだろう。
また、攻撃力を上げて叩く回数を減らすと、その分だけ消耗も少なくなるので、攻撃力上昇にも間接的に消耗を抑える効果がある。

武器には「上質の研ぎ石」「移動停止の巻物」「火炎付加の巻物」と、調整不要で固有の付与をつける手段が充実している。
特に「上質の研ぎ石」は消耗軽減・威力アップと、武器に必要な事を両方こなしてくれる上に入手性も良い。
セーブ&ロード前提なら頑丈&超撃等の方が効率が良いが、倉庫無しプレイなどでは重宝する。

付与効果の中でも命中・必殺は、重要な数値でありつつも事実上の上限があるため、調整が必要。
特に命中はステータスによる上昇が無いため、付与効果の持つウェイトは高くなっている。
両方とも「伝承」で底上げが可能なので、よく考えて付与したい。

攻撃力上昇の付与効果はいくつも存在するが、厳選するのであれば接頭語につけるのはオススメしない。
というのも効果同士が乗算される為、一つ大きなものをつけるより二つ小さなものを付けた方が効果が高いためである。
(例えば「超撃」を接頭につけた場合は1.4倍だが、接頭以外に二つつけると1.2×1.2となり、1.44倍となる)
攻撃と値段以外は加算式であるため、攻撃以外の付与効果も欲しい場合はそちらを接頭に付けた方が最終的な性能は高くなる。

防具

武器とは逆に、ある程度以上進むと戦闘は殺るか殺られるかのバランスになる為、保険として求められる性能は高くなっていくが消耗は少ない。
消耗速度低下を一切つけてなくとも、消耗-90%の武器の方が先に削れているという事も珍しくない。
とはいえ、序盤の蝙蝠に突かれるだけで1減ったりするのもストレスではあるので、消耗速度低下をつけるかどうかはプレイスタイルや好みにもよる。
回避すれば消耗も減らないので、防御効果も兼ねて回避系の付与をつけるのも手。

受ダメージを減らす付与効果がいくつも存在するが、武器とは逆にできるだけ接頭語に大きな効果を付けたい。
理由は武器と同じで、最初に大きなものを付けた方が効果が高いためである。
(例えば「半減」を接頭につけた場合は0.5倍だが、接頭以外に二つつけると0.75×0.75となり、0.56倍となる。
 ただし、鎧の巻物で最も軽減率が高い「柔軟」は接頭以外の効果が微妙に高いため
 接頭一つが0.85倍に対して接頭以外二つが0.8464倍と、例外的に接頭以外の方が効果が高い)
特に「半減」は効果が非常に大きく、厳選が楽で、できれば接頭につけたい、という事で守りの神の巻物の重要性は高くなっている。
接頭「半減」と同等の軽減率をそれ以外の付与で達成するには、接頭以外に「柔軟」を8個つける必要があると言えば格差が理解いただけるだろう。

効果詳細の項にもある通り、火炎は確率で無効化する事はできるが、ダメージそのものを減らす事はできない。
付与効果ではどうにもできないので、精霊のローブなど、防具そのものの軽減効果に頼るしかない。
「耐火」自体も厳選が面倒なため、倉庫無しプレイ等では最初から耐火がついている装備品を活用する必要も出てくる。
物理攻撃と火炎攻撃を同時に行ってくる敵は魔王しかいないので、場合によっては相手に合わせて着替える前提で付与をつけるのも手。
もちろん両対応できるに越した事はないのだが、ローブも聖防具も出ないので他の防具に付与をつけていくという状況はよくある。

コメント欄

  • 武器は頑頑頑上・伝×5で応急可能が良い。鎧はLIFEが剣士以上のクラスなら大地の鎧に半×8・不×2+魔王の髪飾りで耐える。LIFEが少ないクラスは水霊のマントに半×2・伝説×7・耐火+大気の盾で回避特化。 --- (2013/08/23 15:22:26)
    • まぁ、耐えるとか回避特化とか言ってる時点でダメなんだけどな。前半や魔王戦ならともかく、後半は攻撃されない事が大事。 --- (2013/08/24 21:35:18)
      • ああ、倉庫ありで考えてたからなあ。確かに倉庫無しで聖具見つからないと精霊が一番だよね。てか水霊にも理力軽減ついてるんだな。防具の欄に書いてなかったから分からなかった。大地は付与能力を厳選しないなら強いけど厳選するならいらない子なのか。 --- (2013/08/26 00:05:46)
      • 大地の鎧なんて神殿が無ければ基本的に手に入らないし、精霊のローブは9割方最終装備になってる。理力軽減は精霊・水霊・大地の3つ。 --- (2013/08/25 22:36:17)
      • そうなん? それなら水霊で決まりだけどそれ、精霊のローブじゃね? こっちは重さは同じだが大地より耐火率が低いみたいだな……十分強いが最終選択の候補としては微妙なところかねえ。 --- (2013/08/25 20:25:16)
      • 水霊のマントも理力1/3軽減付いてるぞ。 --- (2013/08/25 18:39:10)
      • そうなると重量に余裕が出来るのでサブ防具を持ち込めば不壊は全くの不要になるな。大地の鎧も中盤まで水霊で行って後半から装備するということも出来るし状況に応じて使い分けも可能になる。結論としては防御性能を特化させてサブを持つのが一番良さそうだ。防具も剣と同じように考えるべきだった。 --- (2013/08/25 13:16:56)
      • 回避特化がいいとか言っちゃったけどLIFEの少ないクラスも半減で耐える方がいいのかも。水霊のマントなら耐火1個で済むし耐久力も高い分大地より半減特化出来るから火炎は9割防げて物理には絶対死なないという状態に持ち込めるかもしれん。大気の盾に固定しなくても済むし、そっちの方がいいか。 --- (2013/08/25 13:11:07)
      • 物理攻撃に対してはそう考えられると思う。でも大地の鎧は理力にも強いので、上述した髪飾りの組み合わせなら火炎を100%凌げるというのは水霊にはないメリット。検証した結果みると海賊とかなら後半のドラゴンでも耐えるかもよ。耐火で9割凌げるのと必ず安全が保証されているのとではかなり違いがあると思う。 --- (2013/08/25 12:34:00)
      • 保険という意味なら不懐の大地に対して半減の水霊が上位互換といえますね --- (2013/08/25 11:07:11)
      • 大地の鎧は耐久度低いし経験上、不壊が無いと困った。消耗に関しては個人のプレイ内容で変わる為、正解はないと思う。高度修復が手に入らない事もあったので必要とも言えるし、逆にサブ防具で凌げたから不要とも言える。まあ自分は後半のウルフなどに一撃は耐える性能が確保出来ればあとは耐久力を上げれば良いと考えたよ。 --- (2013/08/25 10:20:09)
      • 流石に、防具を要らないとは言えないなぁ。マニアだと攻撃しようとしたタイミングで後ろに敵が湧いたりするし、隊長相手に近接攻撃しかけるときはダッシュ使えないとダメージ受けるし。あと、防具は不壊付けなくても、手に入れた時に消耗してなければ10000k踏破しても持つだろ。消耗してきたなら高度修復使えば良い。 --- (2013/08/25 06:09:42)
      • この欄を見にきた人も優れた装備を考えるために覗いてると思うんだよね。そこに「防具は必要ない」とかいう主旨のコメントをしてもあまり建設的ではないと思うんだが。それは違う場所で発言すべきdarou --- (2013/08/25 02:43:46)
      • 勿論攻撃されないように心掛けるべきだし、実践出来るなら防具は必要ないだろう。でも長期的にはミスしてたくさん攻撃されることも考えるべき。後半の敵でも即死を防げて、長持ちする防具を作れれば面白いじゃないか。同時にたくさん攻撃されたときを考えるなら不壊を付ける余地はないけど、それは流石に想定していないよ。 --- (2013/08/25 02:41:26)
      • 不壊*2が付いてる時点で、たくさん攻撃される事を大前提としているんだけど?どうせ、敵に攻撃されるまで止まらないんだろ。そういうのは保険とは言わない。俺TUEEEEって言うんだよ。 --- (2013/08/24 23:26:04)
      • それを大前提とした上での装備考察だろう。どちらも即死を回避する可能性が高いものを考えている。保険のようなものだよ。君のコメントは付与能力の欄にすべきコメントではない。 --- (2013/08/24 21:59:27)
    • 大地の鎧の方は耐火×3付けた方がいい……。人早の中盤までのドラゴンなら耐えるが後半のドラゴンだと一撃だった。 --- (2013/08/23 16:45:51)
      • 剣士で魔王の髪飾り付けてその辺りだとLIFE1500くらいだったので、ギリギリ足りない感じ。接頭詞付きならまず死ぬだろうからやっぱり耐火は必須だな。 --- (2013/08/24 01:29:37)
      • 9800k越えたところの普通のドラゴンで2回試したけど、1/3軽減して1426と1736ダメージ喰らった。後ろを向いてパンティを焼いてみたら2063だった。 --- (2013/08/23 23:21:38)
  • 半減は炎とか理力も半減されますか? --- (2014/02/11 19:06:33)
    • 半減は物理だけです。理力は、精霊・水霊・大地で1/3軽減のみ。 --- (2014/02/13 08:56:48)
  • 消耗率-100%でも消耗した、何%なら消耗しませんか?もしくは必ず消耗はしてしまいますか?その場合上限を教えてください --- (2014/02/23 08:53:54)
  • ↑攻略読んだら理解できましたすみません --- (2014/02/23 08:55:26)
  • 攻撃x○系の効果は射撃や理力にもかかりますか?それともあくまで攻撃のみ? --- (2014/03/04 19:50:06)
    • 他にダメージ強化系の付与が無い事や理力前提ならば超撃が良いとあるのでおそらくそうだろうとは思ったのですが、防具の方は装甲・受ダメージと明示的に違いを表しているのに対し武器の方は攻撃・理力・射撃・与ダメージと要素の多い中あえて「攻撃」と表記している意味は…と考えた次第の質問でした。長文失礼しました。 --- (2014/03/05 22:32:46)
    • また効果の違いはおそらく無いと思うのですが、ゲーム中テキストでは上質は攻撃、超撃や伝承等は攻撃力、等表記に若干違いがあります。更に、超撃等と同様の攻撃力表記である破壊の腕輪の1.3倍はフォースの与ダメージには効果が無いようでした(理力の腕輪の存在から予想はしていました)。 --- (2014/03/05 22:27:50)
      • あれ?破壊の腕輪でフォース強くならなかったっけ?修正されたか、勘違いしてたかな? --- (2014/03/05 23:49:35)
    • 自己レスになりますが、自分で試してみたので結果を書き込んでおきます。弓の射撃・フォース共に上質や超撃で与ダメージが上昇していました。 --- (2014/03/05 22:25:33)
    • スキル・フォースのところに「火炎、雷光、超火炎は、攻撃同様に武器の耐久が減る代わりに、武器の付与効果も乗る。」と書いてある。FAQのオススメの付与能力のところにも書いてあるけど、ちょっとわかりにくいかな。 --- (2014/03/04 22:39:31)
      • 付与能力が乗ること自体は理解しています。攻撃何倍という付与能力そのものが、杖や弓にある攻撃・理力・射撃のうち攻撃の数字にしかかからないものなのだろうか、というのがよくわからなかったのです。 --- (2014/03/05 00:32:17)
  • 物体破壊力とは、ゴーレムやガイコツにも適応されるのでしょうか? --- (2014/10/07 12:42:27)
    • 壁・扉・箱・木・女神像の設置系と、ガイコツ・死霊・ゴーレムが物体になります。(女神像は確認したことないけど) --- (2014/10/08 07:14:27)
  • 私見ながら、コツの項目を足してみました。既に小ネタやFAQにある情報も多数含まれていますが、情報は散らばっているより一箇所に集めた方がよくないですか?という提案でもあります。いかがでしょうか。 --- (2015/06/14 15:08:39)
    • 余談ですが、上で防具の付与について議論されてますが、水霊に半×5不×4火×1で人早一万km歩いても全く問題ない気がします。正直不壊いりませんが、防御面にも不足を感じません。仲間は一撃死しますが。半×9火×1が必要になるのは成長不能世界位じゃないでしょうか。 --- (2015/06/14 15:15:56)
  • 耐火1半以外は伝の半減水霊ステ無視 半9との逆転ダメ [半1]89 [半2]108 [半3]130 [半4]156 [半5]185 [半6]219 [半7]257 [半8]302 ダメ1範囲最大は半6で139まで 半6のダメ逆転は168半7 192半8 219半9 ステ無視故参考程度にもならんが --- (2015/10/01 01:17:34)
  • 神殺の効果が必殺率+35%である事を確認。ここのwiki誤った情報多いしガバガバすぎるんですがそれは --- (2016/02/09 03:14:56)
    • 間違いがあるなら指摘よろ。世界の構成はサーバーに寄ると思うから、どのサーバーでは出なかったとかの報告も。 --- (2016/02/11 17:58:53)
    • 調べたけど70%だったよ、何も間違ってないね。 --- (2016/02/09 17:14:35)
  • 剣の巻物の備考を変更しました。 --- (2017/03/04 17:32:21)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。

投稿済みコメントに返信する場合はコメントを選んでから投稿してください。


画像認証

  • 最終更新:2017-03-04 17:29:53

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード